<セミナー詳細>

セミナーコード:20211217   受講お申し込みは、画面下の「受講申込」ボタンから

★本セミナーでは、水素ならびにアンモニアによる発電及び燃料供給・調達、大型・中小型ガスタービンで
 の利用・技術開発動向と、サプライチェーン構築への取組み、超臨界CO2サイクルとの融合などについて、
 斯界の最前線でご活躍中の講師陣に詳説頂きます。
★講師の皆様ご来場頂く予定ですが、急遽オンライン(Zoom)での講演となる場合がございます。
 変更などがございましたら、随時更新させて頂きますので、下記にてご確認下さいませ。
 【青色が会場での講演、緑色がオンラインでの講演となります】

−水素発電、アンモニア利用発電など−
低・脱炭素発電に関する技術開発および燃料供給・調達と事業展望
●講 師 株式会社JERA 前 代表取締役社長
和歌山大学 経済学研究科 客員教授
垣見祐二 氏   会 場 
●講 師 千代田化工建設株式会社
技術開発部 兼 水素チェーン事業推進部 上席技師長
岡田佳巳 氏   会 場 
●講 師 三菱重工業株式会社
総合研究所 燃焼研究部 燃焼第二研究室 室長
井上 慶 氏   会 場 
●講 師 川崎重工業株式会社
水素戦略本部 プロモーション総括部
ソリューション部 スマートコミュニティ課 課長
山口正人 氏   会 場 
●講 師 8Rivers Capital, LLC Chief Fellow 野本秀雄 氏   会 場 
●日 時 2021年 12月 23日(木) 10:15〜17:00
●会 場 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・会議室  》》 会場地図はこちら 《《
※急ぎのご連絡は(株)技術情報センター(TEL06-6358-0141)まで!!
※本セミナーは、会場での受講またはライブ配信(Zoom)での受講も可能です。
※ライブ配信受講の方のテキスト資料はセミナー開催日の直前にお送り致します。
※ライブ配信に関するよくあるご質問はこちらから
●受講料 49,940円(1名につき)
(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,440円)
※テキスト代、消費税を含む
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
10:15
|
11:15
T.2050年にむけてゼロエミ火力発電・燃料調達への展望

 2050年CO2ゼロエミッション実現のためには、火力発電・燃料調達の大転換が必要である。化石燃料に代わる燃料として注目されている水素・アンモニア燃料の発電利用について、その必要性・意義、導入スケジュール、課題、対応についてお話しするとともに、LNG調達の経験からみた、水素・アンモニア調達の展望を紹介する。

 1.日本の火力発電の現在
 2.ゼロエミ実現にむけて火力発電・燃料調達の大転換
 3.水素・アンモニア燃料の発電利用の必要性・意義
 4.同燃料導入スケジュールと課題、対応状況
 5.LNG調達からみた水素・アンモニア調達への展望、示唆
 6.質疑応答・名刺交換
(垣見 氏)
11:30
|
12:30
U.SPERA水素®を活用した国際水素供給網の構築 〜海外輸送水素の発電利用〜

 SPERA水素®システムは、常温・常圧で液体のメチルシクロヘキサン(MCH)を利用することから、水素火力への水素供給をはじめ国家備蓄から水素ステーションなどの中小規模での利用に至る総合的な水素サプライチェーンを構築できるシステムである。2020年に国際間で大規模に水素を輸送して火力発電燃料に混合利用する国際間実証が成功裡に完了したことで商業化段階に移行している。 本講演では、実用化に向けた国内外の取組みとコストダウンに向けた技術開発について紹介する。

 1.SPERA水素システムの概要と特長
 2.技術開発の経緯
 3.国際間水素サプライチェーン実証
 4.国内外における実用化への取組み
 5.コストダウンに向けた技術開発シナリオ
 6.質疑応答・名刺交換
(岡田 氏)
13:30
|
14:30
V.大型ガスタービンにおける水素・アンモニアエネルギー利用の取組み

 ガスタービン複合発電(GTCC)は、クリーンかつ効率の高い発電方法であり、社会的、経済的観点から今後も需要が増加すると考えられる。ガスタービン発電における水素およびアンモニアエネルギー利用は、大規模なCO2削減が可能であると共に、新エネルギー需要の拡大による、インフラの充実と普及への波及効果が期待できる。 本講演では、当社の発電用大型ガスタービンにおける水素・アンモニア利用技術の開発状況について紹介する。

 1.三菱重工グループの紹介
 2.発電用ガスタービンの概要
 3.水素・アンモニア利用技術の開発状況
 4.海外プロジェクトの取組
 5.質疑応答・名刺交換
(井上 氏)
14:45
|
15:45
W.国際水素サプライチェーン構築と中小型水素ガスタービン開発の現況と展望

 世界的な脱炭素化の流れの中で水素の利用に関心が集まっており、液化水素をエネルギーキャリアとして導入することでクリーンエネルギーの大量、長期、長距離での輸送や貯蔵が可能となり、これらの供給インフラを構築することで水素を大量に消費する水素ガスタービンによる脱炭素発電も実現可能となる。 本講演では、川崎重工が推進している液化水素をエネルギーキャリアとした国際水素サプライチェーンの構築と水素の大量消費に貢献する中小型水素ガスタービン発電装置の開発について現況および今後の展望を紹介する。

 1.エネルギーを取り巻く状況
 2.水素サプライチェーンのコンセプト
 3.実証への取り組み
 4.水素ガスタービンの開発と実証
  (1)水素ガスタービン開発の概要
  (2)ウェット方式水素燃焼器の開発と実証
  (3)ドライ方式水素燃焼器の開発と実証
 5.商用化に向けた動き
 6.質疑応答・名刺交換
(山口 氏)
16:00
|
17:00
X.CO2フリーのアンモニア・水素製造・発電技術(超臨界CO2サイクルとの融合)

 当社独自の技術である水素製造技術と同じく独自技術である超臨界CO2サイクルと水素製造技術を組み合わせ、CO2フリーで経済性の高いアンモニア・水素・電力そしてその他の有益な工業材料を作り出す技術を紹介する。

 1.8Riversの紹介
 2.プラントの構成
 3.超臨界CO2サイクル
 4.水素製造技術
 5.商用化の計画
 6.質疑応答・名刺交換
(野本 氏)
− 名 刺 交 換 な ど −
セミナー終了後、ご希望の方はお残りいただき、
講師とご受講者間での名刺交換ならびに講師へ個別質問をお受けいたします。

SSL グローバルサインのサイトシール
 ※FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ弊社まで
  ご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
 ※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                 Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(セミナー)』をご一読下さいませ ■
■ 書籍・調査資料のご案内はこちらでございます ■