<セミナー詳細>

セミナーコード:20240402   受講お申し込みは、画面下の「受講申込」ボタンから

★本セミナーでは、水素吸蔵材料の種類・特徴から、特性評価技術ならびに無機系水素吸蔵材料、水素吸蔵合金、アンモニアなど
 様々な水素貯蔵材料とその応用展開、又、経済性に関する事項に至るまで、斯界の最前線でご活躍中の市川博士に詳説頂きます。

【オンラインセミナー】
水素吸蔵材料の基礎・特性評価技術と
様々な水素貯蔵材料及びその応用・経済性
●講 師 広島大学大学院先進理工系科学研究科 教授
広島大学A-ESG科学技術研究センター長
市川貴之 氏
オンライン
  <社会活動等>
一般社団法人水素エネルギー協会(HESS)理事
一般社団法人日本エネルギー学会新エネルギー・水素部会副部会長
広島県カーボン・サーキュラー・エコノミー推進協議会 会長
●日 時 2024年 4月 17日(水) 10:20〜16:20
●会 場 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・会議室  》》 会場地図はこちら 《《
※当セミナーは【オンラインセミナー】へ変更になりました。
※急ぎのご連絡は(株)技術情報センター(TEL06-6358-0141)まで!!

※本セミナーは、ライブ配信(Zoom)での開催です。
※セミナー資料(テキスト)はセミナー開催日の直前にデータ(pdf)でお送り致します。
※ライブ配信に関する 》》よくあるご質問はこちら 《《 から。

※アーカイブ受講可能
 (当日受講及びアーカイブ受講の両方をご希望の方はそれぞれ受講料を頂戴致します。)
  1.受講料は同額となります。
  2.恐れ入りますが、講師への質問は受付できません。
  3.開催日より7〜10営業日以降に配信の準備が整いましたらご連絡致します。
  4.ご都合の良い日をお伺いし、視聴用URLなどをお送り致します。
  5.動画の公開期間は公開日より3日間となります。

●受講料 49,940円(1名につき)
(同時複数人数お申込みの場合1名につき44,440円)
※テキスト代、消費税を含む
●主 催 (株)技術情報センター

●セミナープログラム●
【習得知識】
水素利用社会の意義と必要性
水素利用技術の基礎
水素貯蔵材料の特性
水素貯蔵材料の開発を行う上でのボトルネック
【講師の言葉】
 カーボンニュートラルの実現には、再生可能エネルギー(再エネ)の主力電源化を避けて通ることは出来ない。しかし、再エネは調整力を持たず、電力の同時同量性を担保するためには、蓄エネルギー技術は必要不可欠であり、その際、経済的な観点から短周期変動対策には二次電池が向いているものの、季節間変動等の長周期変動対策あるいは再エネの大陸間輸送のためには、水素(あるいはそれをベースに製造可能なエネルギーキャリア)の利用を避けて通ることはできない。
 本セミナーでは、水素ガスの基礎物性、水素と物質との相互作用の理解からスタートし、水素吸蔵材料の熱力学特性や動力学特性、さらには種々の分析技術についても取り扱う。後半には、実際にこうした水素吸蔵材料が「水素貯蔵材料」としてのみならず、様々な用途展開が進められていることを具体的に例示し、技術開発のエッセンスを説明したい。

【プログラム】

1.カーボンニュートラルと水素エネルギー

 1.1 再生可能エネルギーの主力電源化
 1.2 カーボンリサイクル技術
 1.3 エネルギーとしての水素


2.水素吸蔵材料の基礎

 2.1 様々な水素吸蔵材料と水素キャリア
 2.2 水素の基本的性質
 2.3 水素吸蔵材料の熱力学特性
 2.4 水素吸蔵材料の動力学特性
 2.5 水素貯蔵材料の種類(水素の結合形態)
 2.6 水素貯蔵材料の特性評価技術


3.様々な水素貯蔵材料とその応用

 3.1 無機系水素吸蔵材料
  3.1.1 水素化マグネシウム
  3.1.2 アミドイミド系水素貯蔵材料
  3.1.3 ボロハイドライド
 3.2 水素吸蔵合金
  3.2.1 水素貯蔵技術
  3.2.2 昇圧技術
  3.2.3 蓄熱技術
  3.2.4 二次電池技術
 3.3 アンモニア


4.水素エネルギーと水素吸蔵材料利用時の経済性



5.質疑応答(適宜)
− 名 刺 交 換 な ど −
セミナー終了後、ご希望の方はお残りいただき、
講師とご受講者間での名刺交換ならびに講師へ個別質問をお受けいたします。

 ※FAXでもお申し込みいただけます。FAXお申し込み用紙(PDF)を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ弊社まで
  ご送信ください。(FAX番号は、お申込用紙に印刷されています)
 ※PDF形式のファイルをご覧頂くための Adobe Reader は、アドビ システムズ社から無償提供されています。
                 Adobe Reader 最新版ダウンロードはこちらから
■ お問い合わせの前に『よくあるご質問(セミナー)』をご一読下さいませ ■
■ 書籍・調査資料のご案内はこちらでございます ■